透明感★

透明感

こんにちは☀️

突然ですが、年齢を重ねるにつれてお肌がくすんできたり、潤いがなくなって乾いた印象になったりと感じることはありませんか?

先日、何気なくファンデーションのトレンドを検索してみたところ

「ツヤ感」「透明感」

がキーワードとして出てきて、世の中が透明感を必要としていると感じました(・ω・)

そこで、透明感が失われていく原因とモイスティーヌでの対策をご紹介します✍️

乾燥

乾燥したお肌は透明感が失われてしまいます。

例えば、おやつに食べるゼリーは開封前は透明でプルプルしていてとても綺麗ですが、もし開封したまま長期間放置したら乾燥してぎゅっと固く縮まり、透明感もなくなっていそうな気がしませんか?

乾燥せず潤いのあるお肌を保つためには洗顔後化粧水をたっぷりとつけることが必要になります。

しかし、水分を入れようとしてもその水分を保持するお肌の器が小さいとたっぷり使ったところで肌に残ってくれず、すぐ乾燥します。

日々のスキンケアでその器を大きく保つことがとても大切です。

そして、その方法は肌を労わりながら洗顔するです。

はっきりと言ってしまえば「徹底的に擦らない洗顔(お湯の温度には気をつけて)」です!

お肌にはキメというものが存在していて、お顔においては目に見えるか見えないかくらいの細かさの凹凸があります。

手の親指の付け根あたりはキメがはっきりと確認できるので、よければご自身の手を見てみてください🤚

このキメの膨らみの中に肌表面の水分が保たれます。

それが毎日洗顔をする中で水を含んだ指紋でお顔をゴシゴシと擦ると、キメが摩耗し薄くなり水分を保てる場所が狭くなり、水分をしっかり保てなければ乾燥につながります。

擦る洗顔によって肌が乾燥しやすい仕組みを作っていることになります。

そこで、モイスティーヌの洗顔は徹底的に擦りません!

汚れを顔から浮かせる時も、顔から落とす時もキメを守るのでどんどん潤いが守られて透明感が出てきます💎

お肌を労わりながらお肌表面の汚れを落とすことにこだわったモイスティーヌのクレンジングです。

体験された方や、お手入れを始めたばかりの方が

「本当にこれで汚れやクレンジングが落ちてるのか心配になるくらいです」とお話しくださいます。←しっかり綺麗になってますよ(^・ ω ・^)⭐︎

お肌を労わり、乾燥しやすい▶︎潤うお肌の仕組み作りをし、透明感のあるお肌を手に入れましょう♪

酸化した皮脂

酸化した皮脂がお顔に残り続けると変質・変色しクスミの原因となり透明感が失われていきます。

先程ご紹介したクレンジングはお肌表面の汚れを落とすものでしたが、肌表面以外にも定期的に綺麗にしておきたい場所があります。

それが毛穴です。

毛穴の汚れは主にメイクと皮脂が混ざって酸化し、毛穴の奥で固まっています。

毛穴の汚れを無理に取ると毛穴が開いたりキメを摩耗させて肌を傷つけたり、穴が空いたように開いてしまったりしてしまうため

一般的には保湿する、そもそも過剰な皮脂が出ないように気をつけて生活するのが毛穴汚れの対策です。

  • 肌に無理な刺激を与えない
  • 毛穴の奥の汚れを取る

この2つを同時に叶えることはとても難しいのです。

しかしモイスティーヌには毛穴お掃除の救世主がいます🦸‍♂️

ディープセラムは毛穴に固まっていた脂分を石鹸のように水に溶けやすく(水溶化)することで毛穴の大きさを変えずに汚れを取り除きます。

ディープのお手入れ後は透明感が出ることでお肌がワントーン明るくなり、本当の自分の肌の色ってこうだったんだ!と感動します💕

 

ファンデーションを使わずに透明感、艶のある肌で過ごせるようになるのがモイスティーヌのお手入れです。本日ご紹介したのもほんの一部で、まだまだ素肌が綺麗になる秘密がたくさんあります。

お手入れ体験を是非楽しみにしていてください🦦